JGC横浜2月8日(日)主日礼拝

02/08 2015

*第1礼拝@K2ビル4階

賛美―「御名を掲げて」

「ハレルヤ!賛美しよう」

「私たちは見えるものにではなく」

JGCスペシャル―今日はK2シドニー!。メンバー3人が、今流行りの某お笑いネタで笑わせてくれました!

証―S・Tさん

聖書の話―田上理恵子牧師  マタイによる福音書21章28~32節

「ところで、あなたがたは、どう思いますか。」

 

☆今日の昼食は、麻婆春雨丼・わかめスープ・白菜の甘酢漬。おいしく皆でいただきました!!

今週土曜日に、信徒の方が結婚式を挙げられます!

来週の日曜日は、召天者記念礼拝です。第1礼拝後、墓前礼拝があるため、第2礼拝はありません。

 

*第2礼拝@棕櫚会堂

賛美―「慕い求めます」

「主は今生きておられる」

聖書の話―エゼキエル1章24、25節 「翼をおろして」

 

JGC横浜2月1日(日)主日礼拝

02/01 2015

*第1礼拝@K2ビル4階

賛美-「感謝と喜びを」

「祈ってごらんよわかるから」

「風よ吹け」

「からし種」

JGCスペシャル―アニメの吹き替えによる動画。アテレコの二人がはまり役で、笑いがたくさんでした!!

証-F・Rさん

聖書の話―坂本牧裕牧師   ネヘミヤ記9章38節~10章1節

「印鑑押してください!」

 

今日から、JGCがリニューアルしました!

参加される皆様が今まで以上に楽しく、居心地よくいられる教会を目指してまいります!

今日は、2月の誕生日会を昼食の時に持ちました。2月生まれは計33名!!Happy Birthday!!

 

*第2礼拝@棕櫚会堂

賛美―「主われを愛す」

「いのり」

聖書の話―マタイによる福音書6章3~7節 「祈り」

聖餐式

 

 

JGC横浜1月18日(日)主日礼拝

01/18 2015

<第1礼拝@K2ビル4階>

賛美-「神の国と神の義を」

「私たちは見えるものにではなく」

「御手の中で」

「もうふりむかない」

JGCスペシャル―今回はJGC石巻から!!

聖書のお話-小林献牧師  使徒の働き8章1~8節

「迫害と散らされた人々」

サウロがクリスチャンを迫害し、クリスチャン達は町々に散らされて行った。その先々で、彼らはイエス・キリストのことを宣べ伝え、イエスを信じる者が多く起こされていった。具体的な救い・癒しの手が伸べられ、その町に大きな喜びが起こった。

私たちの日常でも、迫害とまでいかなくとも「なぜこんなことになるの?」と思うことがあるかもしれない。順調に行っていた人生が狂ってしまったように思うことがあるかもしれない。しかし、神様のいう最善は自分願った通りになることではなく、神様からみて、本当に良いと思われることをなさること。

たとえ180度違った展開になろうとも、神様は一人ひとりに目的を持っておられ、意味を持っておられる。

復活の主を見て、弱い自分を受け入れてくださったことを知り、神の愛を知った使徒たちは、このサウロによる大きな迫害を受けても、それで終わりにはされない神様がともにいてくださるということに期待することができた。

みなさんも、なぜ?と思うことがあっても、それで終わりにされない神様を見、最善にしてくださる神様に期待して歩んでほしい。

☆Information☆

2月1日は、誕生日会をします!!ぜひ参加ください。

 

<第2礼拝@棕櫚会堂>

賛美-「アブラハムの子」

「主がわたしの手を」

聖書の話-坂本牧裕牧師 創世記12章1~8節

「アブラハムの出発」

アブラハムが神様から「あなたは、あなたの生まれた故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。」と語られたところから。

信仰とは神様のみことばを聞いてそれに従うこと。アブラムは、神様のことばを聞いて、それに従った。

また、アブラムは祭壇を築いて祈った。それは神を意識していたということ。

祭壇は、いけにえを捧げるところ。神様の前に出るときに、聖なる神と、罪深い私の隔たりをいけにえを携えて、その隔たりを埋めること。。アブラムは罪深い自分を意識し、聖なる神様を意識して祭壇を築き祈ったのである。

それは、今日の私たちにとって、イエスキリストの十字架を意識することである。私たちの罪の身代わりとなって十字架にかかって下さったイエス・キリストを意識して祈っているだろうか?

神様は、神様を意識する中で、みことばを受け止め、それが生き方とされることを願っておられる。

私たちも、礼拝で神様を意識し、みことばを受け止め、生き方としてあらわしていきたいと思う。

 

☆来週は、夕拝です。☆

JGC横浜1月4日(日)主日礼拝

01/04 2015

Happy New Year!!

賛美―「新しい歌を主に」

「新しい世界へ」

「主は今生きておられる」

「主の教えを喜びとし」

JGCスペシャル―海外・石巻JGCのメンバーから年末年始の過ごし方についてプレゼン!!

証―K・Mさん。シドニーより動画で証をしてくださいました。

メッセージ― 小林献牧師  詩編1篇

「主の教えを喜びとする」

 

新年あけましておめでとうございます。

今年もJGCをよろしくお願いいたします。

来週からは、棕櫚会堂にて第2礼拝を14時~もちます。新しい年の歩みも主に期待したいと思います。

JGC横浜12月28日(日)主日礼拝

12/28 2014

賛美―「心に感謝を持ちながら」

「感謝と喜びを」

「主は道を造られる」

「ハレルヤ!賛美しよう」

JGCスペシャル―一年を動画で振り返り。

証―K・Yさんが紙芝居を作って、神様に愛されていると感じたことを証してくださいました。

メッセージ―坂本牧裕墨子  ルカによる福音書17章11~19節

「感謝した?」

病を癒してほしいとイエスに願った10人。イエスから祭司の所に行くようにと言われ従った10人。向かっている途中で病が治った。しかし、そのうちイエスのところに戻って「ありがとう」を伝えたのは、一人だけだった。

あなたは、この10人に自分を照らし合わせたときに、9人の方か?それとも、イエスの所に「ありがとう」と言いに行った1人か?

同じできことが起こったときに、あなたはそれをどう受け止めてありがとうと言えるだろうか?

病が癒されたから神に感謝するのではなく、祈りにこたえて下さったから感謝するのではなく、自分の人生の営みに神様が関わって下さっていることへの感謝なのである。

この一年いろんなことがあったと思うが、その一つ一つに神様が関わってくださったこと、携わって下さったことを知って欲しいと思う。そして、この方は、年末年始も、新しい年も、私たちの人生の営みに関わりに続けて下さるのである。

新しい一年も、神様が私たち一人ひとりにかかわって下さることを信じ、「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを直したのです。」というイエス様の語りかけを受け止め、感謝をもってこの一年を締めくくり、新しい年を迎えていって欲しい。

Information

12月23日(火)のクリスマスフェスタには、たくさんの方が来て下さり、皆でお祝いをすることができました。

今年も一年、お祈りありがとうございました。来年もJGCをよろしくお願いいたします。

新年1月4日(日)10時半~礼拝です。

 

 

JGC横浜12月21日(日)主日礼拝

12/21 2014

賛美―「もろびとこぞりて」

「あら野のはてに」

「きよしこの夜」

「御子イエスが生まれた日」

JGCスペシャル―昨年のクリスマスフェスタのDVDを見ました。今年のフェスタはどんなイベントになるか、乞うご期待!!

証―Kさんの証。救われてから変わったことの証をしてくださいました。

聖書の話―小林献 牧師  マタイによる福音書2章1~12節

「クリスマスのささげもの」

 

愛餐会の後、みんなで23日(火・祝)に行われるクリスマスフェスタの準備をしました。いよいよですね。楽しみにいらして下さい。

24日(水)のイブには、夜イブ礼拝を棕櫚会堂にて行います。こちらも是非いらして下さい!

JGC横浜12月14日(日)主日礼拝

12/14 2014

賛美―を「全てのよきもので」

「父の涙」

「牧人羊よ」

「もろびとこぞりて」

「感謝と喜びを」

JGCスペシャル―今回はシドニーより送られてきた動画でした。

証―N・Yさん。クリスチャンになってよかったことを証してくださいました。
聖書の話― 小林献牧師    ルカ1章45節~55節、ヨハネ15章16節

「マリヤの賛歌」

マリヤの賛歌より。

神と出会って行く時に、貧しく・苦悩があり存在意義を持っていない人が神と出会っていく中で変えられる。また、富のある者でも苦悩のある者もいる。そういう人も神と出会う中で富の用い方が変わっていく。

神は一人一人を忘れていない。一人一人の心の呻きを知っておられ、手を差し伸べていてくださる。その手に自らの手を差し出していただけたらと思う。

 

午後、新会堂にてK・M兄とO・M姉の婚約式がとり行われました。おめでとうございます!!

☆Information☆

クリスマスフェスタ2014

アドベント3週目ですね。JGCでは、12月23日(火・祝)15時から、クリスマスフェスタを行い、主の降誕をお祝いします!!

クリスマスプレゼント交換(一人500円相当)・愛餐会(一人500円)もあります!!

是非お越しください。



 

JGC横浜12月7日(日)主日礼拝・献堂式

12/07 2014

賛美―「主をほめたたえよう」

「まぶねの中に」

「あなたのみことば」

「主が彼らを連れ戻されたとき」

JGCスペシャル―2014年のJGCスペシャルダイジェストを見ました。どれもこれも再び笑いの渦が!今後のJGC・バイブルコントにも期待ですね。

証―K・Kさん。パワーポイントを使いながら聖書をどのように読み、深めているかを証して下さいました。

聖書の話―小林献牧師  イザヤ9章6節

「救い主イエスの預言」

 

愛餐会で、12月生まれの人の誕生会をしました!!久しぶりに顔を出してくれた人もいて嬉しかったです!

 

14時から、JGCに与えられた新会堂「棕櫚会堂」の献堂式を、小林和夫師(日本ホーリネス教団東京聖書学院教会 名誉牧師/東京聖書学院 名誉院長兼名誉教授)の司式のもと執り行いました。

k

礼拝堂

式の後、ささやかではありましたが、来て下さった方々とお交わりの時を持ちました。

お祝いに駆けつけてくださった方々、海外からメッセージを届けてくださった方々、ありがとうございました。

多くの方の祈り・励まし・支えがあり、なにより主の導きの中でこの会堂が与えられたことを感謝いたします。

これからも引き続きJGCのためにお祈りくだされば感謝です。    栄光在主

 

 

JGC横浜11月16日(日)主日礼拝

11/16 2014

賛美―「息することさえも」

「日の昇る所から」

「あなたのために」

「鹿のように」

JGCスペシャル―JGC石巻より、動画にてバイブルコント!!

聖書の話―小林献牧師    使徒の働き7章54~60節

「ステパノの見たもの」

宗教指導者から妬まれ、宗教会議に立たされたステパノ。その中で、ステパノはイスラエルの歴史・歩みを話した。それを聞いた人々は、はらわたの煮え返る思いでステパノに向かって歯ぎしりした。怒りに燃えていた。しかし、ステパノは神に目を向けた。その時にイエス・キリストが見えたのである。

私たちは、ステパノと同じ状況になることはないかもしれない。しかし、「自分は一人ぼっちだ。誰も自分をわかってくれない。もしかしたらみんな自分のことを敵に思ってるんじゃないか?」と疑いを持ってしまったり、人を信じれなくなってしまったり、そういういろんなことを経験するのではないかと思う。でも、その時に思い出してほしい。天を見上げてください。自分がそんな思いでいっぱいの時、一歩視線を変える・考え方が変わるために、自分で変わることができないから、「神様!」と天を見つめてほしいと思う。そういう中で、神様がその祈りを聞いて答えてくださるだろうと思う。

 

Information―

11月23日(日)~24日(月・祝)は教会キャンプになりますので、K2ビル4階での夕拝はありません。ご注意ください。

12月7日(日)14時~新チャペル献堂式があります。お祈り下さい。

 

JGC横浜11月9日(日)主日礼拝

11/09 2014

賛美―「主をほめたたえよう」

「主の教えを喜びとし」

「One Way」

「主イエスの聖さにふれ」

JGCスペシャル―今回はJGCシドニーより、動画が届きました。

証―Y・Sさん

聖書の話―坂本牧裕牧師 ネヘミヤ記8章9~12節

「悲しんではならない」

神殿の城壁が完成した後の話。聖書がネヘミヤや、祭司・学者であるエズラによって読まれ、民たちに解き明かされた。民たちはそれを理解し、泣き始めた。そこで「泣いてはならない。悲しんではならない。」と民全体に言った。

そこで彼らは、教えられたことを理解し、湧き出てくる喜びがあった。また、具体的にごちそうを用意し、無いものには御馳走を送って、大いに喜んだ。

聖書の言葉に自分を照らし合わせた時、自分の信仰のなさ、できなさを思い知らされ、悲しんでしまうかもしれない。でも、聖書はそれでおしまいとは言わない。そこから救い出して下さる。だから喜ぶ。だから民たちは大いに喜んだのである。

聖書の中に、「今は喜んでいます。あなた方が悲しんでいたからではなく、あなた方が悲しんで悔い改めたからです。」とある。悔い改めとは、方向を変えると言うこと。今まで見ていたところではなく、イエスの方を向くと言うこと。イエスを見続けるということ。しかし、私たちは弱いため、一度イエスを見ても目を離してしまうことがある。そんな信仰の薄いもの。しかし、無限大のイエスと交わっていくならば、そこには無限大の可能性を秘めた神様がいてくださるのである。

イエスを見続けていくこと。それが私たちが生きていく上で悲しみを喜びへと変化していく。そういうお方がいてくださるのである。悲しみで終わることはなく、そこから救い出してくれて、お祝いをしようと共に喜んでくださる。それが聖書の神様。そしてそれが私たちの喜びの源となり力となっていくのである。

 

*Information*

11月23日(日)~24日(月・祝)は、教会キャンプです。K2ビル4階での礼拝はありませんので御注意ください。

12月7日(日)14時~は新チャペルの献堂式があります。お祈り下さい。

 

JGCとは

JGCとは

 JGCは2001年12月にニュージーランドで設立された福音派単立プロテスタント教会です。

その後、シドニーと横浜に設立され、若者を中心とした教会として、現在は4カ国で教会活動をしています。

『最も弱くて不信仰な人が居心地良くおられる場所としての主の教会』を目指します。

 教会に初めての方でも、聖書に興味をお持ちの方でも、どなたでも集会に参加できます。
皆さまのお越しを心からお待ちしております。神さまの豊かな恵みと平安をお祈りします。

リンク

JGC Facebookページ

JGC横浜

  • 主日礼拝:
    毎週日曜日10:30~ (※第四日曜日を除く)
    第四日曜日17:00~(夕拝)
  • 礼拝場所:
    横浜市磯子区東町9-9
    K2ビル4F
  • 交通:
    JR京浜東北根岸線「根岸駅」
    下車徒歩2分
  • 連絡先:
    電話045-752-5066
    (K2インターナショナル内)
  • 牧師:
    主任牧師 小林 献
    牧師 田上 理恵子
    副牧師 坂本 牧裕
  • Email:
    jgc@k2-inter.com

  • 帰国者礼拝:
    毎月第二日曜日 14:00~
  • 礼拝場所:
    横浜市磯子区東町1-7 棕櫚会堂
  • 電話:
    045-370-7373

JGC Australia

  • 主日礼拝:
    毎週日曜日
  • 礼拝場所:
    9 Chatswood Ave., Chatswood Sydney NSW 2067
  • 電話 :
    02-9411-6775 (Kawakami)

JGC New Zealand

  • 主日礼拝:
    毎週日曜日
  • 礼拝場所:
    11 Old North Road, Orewa, Auckland 0931
  • 電話:
    09-421-0341(Nagabukuro)

JGC Korea

  • 主日礼拝:
    毎週日曜日
  • 礼拝場所:
    716-112, Jeongneung-dong, Seongbuk-gu, Seoul
  • 電話:
    02-322-5160(Kobori)